5/20

本日で、ファイナルも終わります。

 

ということは、この留学日記も終わりに近づいてきたということになります。

あと3日で帰国です。

 

最後の方になるにつれ、やはり更新頻度も落ち

キラキラした新鮮さも、新しい発見もなくなってくるというか、その発見に鈍くなっている自分がいるのも事実です。

 

そうして、日本に帰るという現実と向き合わないといけなくなってきたことが余計にストレスというか、変な感じです。まだ現実的じゃないというか、頭の処理が追いついていないというか・・・。

だから、何にも感じないんです。

部屋の片付けをしていても、心が追いついていかないんです。

なんででしょうか。

 

この留学生活を振り返ってみると、

たくさんのアップダウンがあったように思えます。

 

例えば前期。

友達に恵まれ、ジムにはまり、勉強もそこそこ頑張り、毎週友達と違うことをして楽しみました。

友情がマックスだったのもこのころですが、同時に

ルームメイトがいる生活に辟易していたのもこのころです。

彼女が男を連れ込んだり、

病気になって看病をしないといけなかったり、

部屋が汚かったり、思えばいろいろなことがありました。

 

今期。

そんな大事な友人のほとんどを失い、違うコミュニティの友達もでき、どんどん身の回りが変化していきました。

そのことに寂しさを覚え、同時に諦めも覚えたような気がします。

また、勉強により一層力を入れたのもこのころになります。

そうして、春休みが終わり恋人ができたこともまた感慨深いものがあります。

最初はアメリカ人との恋愛だったし、全く乗り気じゃなかった(そもそも本命に好きな人がいた状態で付き合い始めたので、最初は本当に友達以上ぐらいの感覚でしたねえ)

のが、今やお互いの親に紹介しあうほどの仲になりました。

本当に感慨深い。

こうやって自分の気持ちがどんどん整理されて、日本に帰る日とかに全部襲ってくるんでしょうか。

もう留学生活戻ってこないんですよね、もっと大事にしとけば良かったって思うことがあるのかな、、、

 

留学を経て、大人になったのかというと自分ではあんまりそうは思わないのですが感情の波が穏やかになったような気がします。

 

また明日、更新できるといいなぁと思っております。

 

日本に帰ってからもう一度は更新するので、

あと3日間とテスト1つ頑張りたいと思います。

 

 

5/16

アメリカ、地獄のテスト週間が始まりましたおーやまです。

すでに一個終わらせたのですが、しんどいの極み。

ほぼ全教科で一夜漬けをかましそうで非常にしんどいです。

ですが本日のテストで一夜漬けだったのにも関わらず九割取れたのでなんてこったパンナコッタと思っております。

とりあえずまた勉強してきます。

更新頻度がゴミクズでごめんなさい。

明日は彼氏の卒業式があるので行ってまいります。

親御さんに会うのでかなり緊張しております。

それのために、頑張って勉強して恥ずかしくない成績を撮りたいと思います。

5/12, 5/14

彼とすれ違って大変心がざわざわしております、おーやまです。

 

とにかくメンタルがくそボロボロなので、手短に話したいと思います。

彼と初めてぶつかった、というか、お互い感情的になったのですが彼が思ってる以上に私たちって完璧じゃないんだって伝えました。

この話をすると本当に今でも辛いというか気持ち悪くなるので(胃がキリキリするタイプの)どうしようって感じです。

私が彼に出した条件は2つだけあって、嘘をつかないことと隠し事をしないことだったのですが

それ両方したやんけ、って思ってて彼のことを信用できるかどうか自分の中でかなり葛藤しております。

彼の中では割と消化されたっぽくて関係が手遅れになる前には修復できたかなという感じなのですが、私の気持ちがどうなるんだろうって思っております。

まじでどうなるんだろう。

 

今日も夜会うのですが

不安で仕方ないです。彼に会うのが怖い。嬉しいけど怖い。

メッセージしてる時は落ち着いているし感情も隠せるんですが本人に会うときっと全部見透かされてしまうだろうなぁと思っております。

 

また、不安要素の1つとしてとあることがあるのですがここでは伏せておきたいと思います。

メンタルの不調のせいだとしておきたいです。

 

以上、本日の更新は気持ち的に安心してないのでこれぐらいにさせてください。

 

5/7

本日は違う授業からお送りしておりますおーやまです。

 

カップルのクラス、ノリでとってみたみたものの

実際に彼氏ができると自分の考え方がいかに机上の空論であったかを思い知らされるばかりです。

 

現在のトピックはコミュニケーションですが、とっても大事です。

問題にぶち当たった時の解決方法としてのコミュニケーションの勧めを聞きました。

また、カップルセラピーの実際のケーススタディからどのようなことでカップルとして破綻するのか、解決法は何か、をかなりみてきました。

非常に楽しい。

 

そしてこの授業の後、彼氏がやってきたのでなお良い日だったと言えます。

彼とご飯を食べて、その後部屋に戻って、何もすることなく(というかすることなんて1つしかない)過ごしていました。

今日こそは勉強しようと思ったのにな。

これから勉強しあげたいと思います。彼といるために勉強するんだったらいくらでも睡眠時間も削れます。

 

すっかり私が変わったような気がしています。

彼に圧倒的感謝です。

 

とりあえず本日の更新はここまでにします。おやすみなさい。

5/6-シンポジウムまとめ

やばいやばい。

 

最近更新の頻度が落ちてしまい本当に申し訳ない次第のおーやまです。

5月3日は私の誕生日だったのですが、5/2-3でうちの大学で開かれていたシンポジウムに参加していたのと

土日で彼氏とずっと一緒にいたのが原因でした。

原因も何も、かけないわな。

 

ということで、シンポジウムの率直な感想と内容をまとめていきたいと思います。

 

ですが、今週も非常に忙しく課題にバカみたいに追われているのでとりあえず考えた内容をコピペします。

申し訳ない。

 

  • Melting Potà mosaicà assimilation, multiculturalism, tribalism
  • グローバル化が進む中でnationalismや~ismが復活してきているのは、自然な流れなのか?
  • China: Returning with American Ph.D., teaching in China
  • Why revival of nationalismà despite the higher education institutions pushing globalization, opening up and internationalization
  • International exchange as network building
  • We are missing higher education (education in general) shortage of educationà who is missing: Poor, and NOT eliteà need of the access to education
  • Globalization if not a zero-sum thing, diplomacy of education
  • Organized mentoring system (program) can help sustaining the higher education culture
  • How can we have a good feeling and merely celebrate the diversity?

 

Do good challenge

  • Partner with academic departments
  • 単位互換制

 

SDG- UN Sustainable Development Goals

  • Hand-on experiment
  • Case studies
  • 文理融合(それぞれの専門をもっての融合)

 

疑問・批判

  • UMDの学長の力不足(スピーチのでき)、例えが響きにくいàを察して話題を変えた

 

そのほかですが、彼氏とは順調すぎて恐ろしいぐらいです。

アメリカのデーティングシステムに乗っ取ったおつきあいをしているのですが、今週はかなり波乱万丈でありました。

金土日と連続で会っていたのですが、

彼氏のうっかりのせいで最寄りの薬局に行かないとならなかったり

軽い衝突事故を起こしてしまったり、

I love youと初めて言われたり。

 

この言葉の意味がすごく重いものだっていうのを最近実感したのですが、まじで重い。嫌な重さじゃなくて、尊い重さなんです。

彼とはこれからもお付き合いしていくつもりですし、彼も私も親ウケ良さそう()なのでとりあえず大丈夫そうです。

浮気の話ももちろんしてるし

なんていうかお互いのダメなところも(かなり私はあるだろうなって思うし彼に思うところもある)のを言っていける、認めることができる関係を築いていきたいです。

 

以上、解散!

 

5/1

令和をアメリカ本国で迎えました、おーやまです。

 

ちなみに、令和一発目の買い物はライトニングケーブルでした。

アマゾンでポチってしまいました。

とにかくコードが断線するのってどうにかなりませんかね・・・。

1年もたずに半年ぐらいのスパンで買い換えてるんですけど流石にコストもバカにならないというか。

 

また、本日をもって最後の在籍証明書が完成しました。

これでトビタテは、事後研修とそのあとのイベントに参加するぐらいで終わりとなってしまいます。

トビタテ、11月は変更申請が通らなくて悶々としており

さらに学生団体内のプレッシャーもしんどく、何度辞めたいと思ったことか。

自分の可能性を広げてくれるんじゃなくて狭めてるだけじゃないかと。

これに関してはやっぱりそうなんですが、トビタテのおかげで考えることも増えたし強制的に考えさせられたことも多いです。

自分が結局何がしたいのかわかったので。

 

さて、せっかく今日はオフィスアワーに行って論文の助言をいただいたのでそれをがっつり終わらせたいと思います。

本日は水曜日。

今日までに終わらせれたら、明日明後日でもう一本書いて、おしまい!!!

 

4/29

心の健康が体の健康〜〜〜

ということで、チョコレートをもしゃもしゃ頬張っております、おーやまです。

現地の時間は15時半。おやつにはぴったりの時間ですね!

 

本日のテーマは、心に少しゆとりがあるのでディープなことを考えようかしら。と思っていたのですが、よくよく考えたところで余裕も時間もクソほどないことに気が付いてしまいました。

 

私の専門(というか、早稲田でずっとやっていて興味がある範囲が教育社会学なのですが)、それに関して「家族」をテーマにした授業の期末ペーパーを書こうとしたのですよ。ですが、ドラフトの段階でそれを教授のアシスタントにけちょんけちょんにされて、幅が広すぎるから狭めろと言われさてどうしようと困った次第でございます。

このペーパーを書き終えたら割と自由というか、時間にも心にも余裕ができるのですが(対してできない)なんせちょっと構想し直さないといけないのがネックです。

 

アメリカの授業のシステムは日本のそれと結構違うのでプレッシャーも全然違います。

今期の私の時間割は、毎日2クラスずつ(各50分)あり、毎週金曜日がディスカッションのクラスになっております。

で、今期失敗したなぁと感じたのが、期末テスト(いわゆる学期末テスト、ファイナルイグザム)が4つ取ってるクラスの全てであることです。

それに加えて、期末ペーパー(エッセイ?レポート?)を全てのクラスでまた書かないといけないので、4コース(12単位)しか取っていない私もヒーヒー言っているわけです。毎日5時間〜6時間ぐらいは勉強しているのですが、それをしていても週末やっと遊びに行けるかいけないかの瀬戸際をうろうろしております。

やっとついていけてるぐらいです。

 

また、今日はお腹を壊していて地獄の苦しみを味わったのでついてないなあと思っております。

あー早く彼氏に会いたい。

会いたいなぁ。

 

ということで、またお勉強頑張ってきたいと思います。